Photoshopで素人でも簡単にレタッチ修正ができる新機能登場

先日、Photoshop CCのアップデートがありましたね、バージョンは(2015.5)になります。

いくつか機能が増えた中、今回注目する素晴らしい機能は「顔のパーツ調整

よく仕事で人物写真のレタッチをするのですが、この機能を使えばプロの技術がなくても簡単に顔のレタッチ修正ができてしまいます。

最近ではスマホアプリでも似たような機能のアプリがありますし、素人にでも簡単にできてしまうと仕事が減るんじゃないかと少し心配になる今日この頃です´д` ;

それでは簡単に使い方を紹介しつつ実演していきたいと思います。

新機能を使ったフォトレタッチ修正の手順を画像付きで解説

1.Photoshop CCのバージョンをチェック

まずはPhotoshop CCのバージョンを(2015.5)にアップデートされているか確認します。

もしこれより古いバージョンの方はCreative Cloud‎にログインして、そこからアップデートをしてください。

2.「フィルター」→「ゆがみ」

上のメニューバー内の「フィルター」の中の「ゆがみ」を選択してください。

demo01

3.「顔立ちを調整」

「ゆがみ」の作業画面が開くと右のメニュー欄の「顔立ちの調整」という項目があると思います。

ここの数値をいじるだけで、初心者でも簡単に人の顔のレタッチ修正ができてしまいます。

demo02

それでは簡単に実践してみましょう

4.実践

修正したいパーツの項目のスライドの数値をいじるだけなので、おそらく説明する必要もないぐらい、直感的に誰にでもできてしまうと思います。

demo03

ざっくりと説明すると
・目を少し大きく
・輪郭を細く小顔に
・口角を少し上げ口周りをスッキリさせる

5.フォトレタッチ修正完成

レタッチ修正の完成画像

いかがでしょうか?

今回は新機能のみでフォトレタッチしてみました。

プロ目線から見ると、この機能だけではやはり微調整が少しできない所も出てくるので、この機能オンリーで作業は完結できませんが、とても素晴らしい機能だと感じました。

photoshopを触った事のない方や初心者の方はこの機能を使えばプロ顔負けのレタッチが簡単に出来るのでとてもお勧めです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA