住所を英語表記に変換してくれるサイト

海外のショッピングサイトなど、海外サービスを利用する際に英語表記の住所がたまに必要になりますよね。
最近ですと海外の仮想通貨取引所など、本人確認の登録をする際に英語表記の住所が必要になります。
英語表記は逆からになるので、自力で変換しようとすると意外と面倒ですよね。

今回はそんな面倒な英語表記の住所を簡単に作成してくれるサイトをご紹介します。
使い方もとても簡単でもちろん無料です。

http://judress.tsukuenoue.com/

サイト:JuDress

まずはサイトにアクセスします。

郵便番号を入力して「住所検索」ボタンをクリックします。
そうすると途中まで自動で入力されますので、後は番地や建物名等を入力します。

郵便番がわからない方は郵便局ホームページから調べられます。

参考 郵便番号検索日本郵便

 

「実用的に変換」ボタンをクリックすると下に変換された英語表記の住所が出力されます。
後はこれをコピーして使うだけ。

とても簡単ですよね。
こういう便利なサービスが無料で使えるのはありがたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA